札幌の整体なら「こころ整骨院・整体院 札幌駅前院/大通院/発寒院/札幌美しが丘院」へ

整体の好転反応ってどうして出るの?

整体の好転反応ってどうして出るの?

整体を行った後、良く好転反応が出ると聞きます。
好転反応の一番のイメージは痛みですが、施術に行っているのに痛みが出たるというのはどういう事でしょうか?
でも、好転?ってなんか良さそうですよね。

この好転反応と言うのは、文字のごとく、体が良くなる時に反応=変化→症状が出ますよ、と言った意味です。
この症状は、ダルさ、痛み、眠気といったものが代表的です。
刺激量が多過ぎる場合は吐き気なども起こるようです。

 

好転反応の出る二つのパターン

では、どう言う時に痛みが出るのでしょうか?

◆体が大きく変化する時

体が大きく変化する時

変化が大きい時は案外痛みが出ます。

例えば、腰の曲がったお婆さんの腰を一日で真っ直ぐできたとします。
そうすると、腰の曲がった状態では痛みの出なかった首は急に環境が変化するので大概痛みが出ます。
こう言った事が様々な場所・パターンで起こる事があると言われていま
す。

 

◆刺激の量が多かった時

刺激の量が多かった時

刺激が多かったり強かったりすると、反応が出ます。

これ、実はやり過ぎは良く無いって意味です。
マッサージで2時間揉んでもらい、後で痛くなった。と言う方もいらっしゃいますが、しっかりしたマッサージを2時間は少し体に負担が大きいように思います。
オーバードーゼと呼ばれ、あまり好ましく無い反応と考えられています。

ちなみに、薬物過剰摂取のオーバードーズとは全く違うものですのでご注意を。

 

反応の出方

ダルさ

温泉に入った後でだるくなる場合がありますが、あれは血流が急に良くなったためです。

それと同じように、施術によって部分的に血流がよくなり、だるさとして出てくることもあります。

また、今まで血流が悪くなっていたところが、徐々に良くなってきて、翌日や2日あと3日あとのほうがだるさが出る人もいます。

 

眠気

施術によってリラックスし、副交感神経が興奮するため眠気を引き起こすことがあります。

普段体の緊張を引きを越していた原因がなくなった場合、翌日や翌々日の方が眠いということもあります。

血流が良くなったあとの眠気も関係しています。

 

痛み

物理療法では、体の組織の一部を破壊することがあります。

物理療法では、体の組織の一部を破壊することがあります。

例えば針の施術は必ず組織を破壊しますが、あれは破壊することで自然治癒力を引き出し、より早く直そうと反応するからです。

指圧的な施術も同じようなことが起こる場合があります。

刺激量が多すぎたり、強すぎても同じような反応が出ることがありますので注意してください。

 

こころ整骨院 札幌(4店舗合同) PAGETOP